「格の違い」ラビット(日本アニメーション)/あらいぐまラスカル(SHALLOW RASCAL)・ZEAL/アライくん

小学校5〜6年生のとき、

「登校中にヤギを見た」

「ヤギを飼っている人がいる」

などと、クラスで話題になった。

 

 

(都会の住宅街である)

 

 

 

結局、正体は犬—真っ白な「サルーキ」という大型犬—であったのだが…

 

 

このサルーキは、スリムなボディラインで首が長く、おまけに頭も小さい。

 

 

犬なのに気品ある優雅な歩き方をするので、遠目には、確かに“ヤギ”に見えなくもない。

 

 

 

一部の級友は、

「ヤギじゃないのか」

「偽物だ!」

などと一瞬ザワザワしていたが、、

ぼくは、

当時はかなりレアな犬種であったサルーキに出会えたこと、

そしてそのサルーキが近所にいること、

に歓喜した。

 

 

(我が家でも犬を飼っていたので、ぼくは以前からサルーキに興味があったのだ)

 

 

 

それから20年程が経過したある日、

再び、

「近所にヤギがいる」

「ヤギを飼っている人がいる」

との知らせが耳に入った。

 

 

ネタ元は母親である。

 

 

何でも、

「夕方になると出没する」

という。

 

 

早速ぼくは、散歩がてら、情報の真偽を確かめにいった。

 

 

(重ねて言うが、都会の住宅街である)

 

 

 

すると、、

 

 

いた。

 

 

ヤギが。

 

 

おじさんが連れている。

 

 

自宅近くの道がヤギの散歩コースのようであった。

 

 

念のため

「ヤギですか?」

と尋ねると、おじさんから

「ええ。ヤギです」

と答えが返ってきた。

 

 

それからは月に数回ヤギ(とヤギを連れたおじさん)とすれ違うようになり、自然と挨拶を交わす程度の間柄になった。

 

 

間もなくして分かったことなのだが、このヤギは、近所の子どもたちの間ではすでに有名な存在らしく、人気者であった。

 

 

ヤギ(とヤギを連れたおじさん)を、数名の子どもたちがいつも取り囲んでいた。

 

 

(少なくとも表面上は)穏やかで気さくな、おじさんの人柄もあってのことだろう。

 

 

 

長くなったが、これが今回のルアーの話につながる。

 

 

ラビット(日本アニメーション)『あらいぐまラスカル(シャローラスカル)』

 

 

そう、、一般的な評価は、ズイール『アライくん』のパクリルアーなのだが…

 

 

たまたま後発なだけであって…

 

 

否、確かに手法やり口はパクったと思う。

 

 

「アライグマをうまくルアーに落とし込むことができるぞ!」(ラビット開発陣)と。

 

 

しかし、、だからと言って一括りで「パクリ」と評するには、あまりに次元が違う

 

 

 

片や“釣り”の、それも釣りの中の一ジャンルでブレイクしたにすぎず、

 

片や、原作をもち、「世界名作劇場」で放送された日本アニメーション制作のテレビアニメ。

 

「ラスカル」の知名度や根強い人気については言うまでもない。

 

 

 

ぼくはこの『アライくん』と『あらいぐまラスカル』の関係性が、

身近に現れた「ヤギ」と「サルーキ」の関係性に似ている

と、ずっと思っているのだ。

 

 

天才柏木重孝氏が生み出した『アライくん』は、ヤギ。

 

大人たちからはやや奇異の目で見られながらも、地元の子どもたちに囲まれてウハウハなヤギ。

 

 

そして『あらいぐまラスカル』は、サルーキ。

 

「ヤギじゃない」「ヤギの偽物だ」などと言われながらも、実は本物中の本物。

 

知的で優美。

 

古代エジプトでファラオも飼っていたという最古の犬種サルーキ。

 

 

(ヤギはヤギでかわいいんだけどね)

 

 

 

パクリであるか否か以前に、

そもそも『アライくん』と『あらいぐまラスカル』は、

存在しているステージが異なるのだ。

 

 

 

ということで、以上、キャラクターについての所感でした。。

 

 

(効果には個人差があります)

 

 

 

ちなみに、この手のルアーで“実際に魚を釣る”となると、ぼくが信頼しているのは『アライくん』だけです…はい。

 

 

 

さて、、

その後、ぼくも忙しくなり、ヤギとおじさんに会えない日々が続いたのだが、

数年前、ヤギを連れていないおじさんとばったり出くわした。

 

 

互いに気づいて挨拶を交わしたのだが、やはりヤギがいないのが気になる。

 

 

そこでぼくは、

「ヤギは元気ですか?」

と尋ねてみた。

 

 

今ブログ読者のみなさんは、

“「ヤギは死んだ」とおじさんが答えた”

と予想していることでしょう?

 

 

当然、ぼくも、そういう答えが返ってくると思っていた。

 

 

ところが、おじさんから返ってきた答えは、

 

まさかの、

 

「食った」。

 

 

にこやかな笑顔で。

 

 

やっぱりあぶない人 変わり者だった…。

 

 

 

釣れ釣れ度ー

ロスト度■□□□□

レア度■■■□□

「ヤギが『アライくん』なら、ヤギを連れたおじさんのアクの強さは、まさに、柏木重孝氏」度■■■■■

*