NEXT ONE/Twitch Bait

そんなわけで、

ダイリツの「ターゲットミノー」はその後、

金型を手に入れたネクストワンから、『トウィッチ(トゥイッチ)ベイト』という名で売り出されたわけだ。

 

 

名作ルアーのこういう運命・なりゆき、本場アメリカのバスルアー事情っぽくて、好きだ。笑

 

 

 

ところが、何かが違った。

 

 

そこにあったのは、形こそ同じなれど、あの激釣れ「ターゲットミノー」ではなかった。

 

 

箔には変なパターンが刻まれちゃってるし、塗りもサイボーグっぽい。

 

 

肝心要の“ヌル感”はどこへやら。

 

 

 

でもね、そんなもんじゃない。

 

 

「ターゲットミノー」とは圧倒的に何かが違う。

 

 

魅力を感じないというか、『トゥイッチベイト』は全く使いたくならないのである。

 

 

 

間もなくしてぼくらは、その原因に気づくことになる。

 

 

なんて事はない。

 

 

ネクストワンだから、であった。

 

 

(効果には個人差があります)

 

 

’90年代終わり頃のルアー。

 

 

ネクストワンが消えた後も、ダイリツ「ターゲットミノー」のスピリットは脈々と受け継がれていくこととなる。

 

 

 

釣れ釣れ度■■□□□

ロスト度■■■□□

レア度■■□□□

「マーケティング上の『ターゲット』を外すところまで真似しなくてもよかったのに…」度■■■■□

*