DAIWA/STEEZ FROG Jr.

これからの季節にぴったりなルアーを紹介したい。

 

 

ダイワスティーズフロッグ Jr.

 

 

ぼくが初めて使ったフロッグは、スナッグプルーフの「オリジナルフロッグ」だった。

 

でも、おもしろかったのは最初のうちだけで、すぐにお蔵入り。

 

 

代わって、サザンルアーの「スカムフロッグ」が一軍に昇格した。

 

狙ったポイントにまあまあ飛んで、カバーを乗り越え、まあまあ首を振り、フッキングもまあまあ。

 

何より、改造しても“へたれない”。

 

 

そうして、「スカムフロッグ」は、特に印旛水系において、欠くことのできないルアーとなったのだ。

 

それはもう、たくさん買って、改造しまくった(ベースが簡素なので都合よかった)。

 

もちろん、その後も、さまざまなメーカーのフロッグを使ってきた。

 

でも、結局は、500〜600円で買える「スカムフロッグ」で十分だった。

 

(「バスラット」もいいのだけれど、ときどき細長い鼻が障害物に挟まってしまい、ポイントを潰してしまうのが難点だった。)

 

 

そんな、ぼくの、“フロッグの歴史”を20数年ぶりに塗り替えたのが、

『スティーズフロッグ Jr.』である。

 

 

めちゃくちゃ使いやすい。

 

改造する必要もないし、本当に、よく動くプラグみたい。

 

軽く感動しちゃうレベル。

 

(詳しくはメーカーサイトやパケ裏面の説明文を参照いただきたいが、そこに嘘偽り、妄想、はない。)

 

 

利根川水系で釣りをしていたとき、どうしてもフロッグを投げたくなって、現地調達した…という奇跡のような出会い。

 

 

フロッグなんて『キングオブどれも同じ』みたいなカテゴリーのルアーなので、、

 

 

ダイワ『スティーズフロッグ Jr.』があれば、

この先100年は“フロッグの釣り”に不自由することはないだろう(と思う)。

 

 

 

釣れ釣れ度■■□□□

ロスト度■□□□□

レア度■□□□□

「ステマ」度□□□□□

*