Heddon/Magnum Hellbender

これほど、多くのアングラーに、リップを曲げられてきたルアーは他にないだろう。

 

 

情報を簡単に手にすることができない時代、

「曲げることが常識」

のように語られていたのだから、

これは本当にすごいことだ。

 

 

当時は、

「曲げて売ればいいのに…」

と本気で思ったほど。

 

 

 

リップを“曲げてない”ヘルベンダーがボックスに入っていると、

100%、

教えたがりの大人たちから、

「曲げた方がいいよ」

と言われた。

 

 

 

しかし、

ぼくは、

30年以上、

リップを曲げたヘルベンダーを投げている人に出会ったことがない。

 

(そもそも、リップを曲げていないヘルベンダーを投げている人にも出会ったことがない…)

 

 

もちろん、ぼくはやった。

 

 

というか、

ひとつしか持っていなかったのに、

大人の人に騙されて、

リップを曲げてしまった…⤵︎

 

 

全く別のよく動くルアーに生まれ変わったけれど、

潜らせない使い方なら、

他にいいルアーはたくさんある。

 

 

そのまま(真っ直ぐリップ)だって、

ちゃ〜んと、よく動くのだ!

 

 

 

 

オリジナルは「ホッパーストッパー」。

 

1950年代後半には販売されていたらしい。

 

リップには“LUXON”のスナップが装着されている。

 

 

今回のものは、

スナップに“USA”と刻印されている、

ヘドンから発売された復刻?モノ。

 

 

復刻モノは、他にも、

リップの穴が補強されていたり、

おしりのブレードにスプリットリングがかませてあったり。。

 

 

まっ、アクションや使いやすさに変わりはない。

 

 

 

 

幼い頃、

意味も分からず、

「なんて格好いい名前なんだ!」

と思っていた。

 

 

『ヘルベンダー』

 

 

勝手に、

「地獄の使者」

…そう、

「聖飢魔IIの設定」的な意味合いがあるのだと思っていたのだ(苦笑)

 

 

なんて事はない…

アメリカオオサンショウウオである。

 

 

 

釣れ釣れ度■□□□

ロスト度■■□□

レア度■■□□□

「悪魔が来たりてヘヴィメタる」度■□□□