ダイワ/T.D.シャッド

 

これが例の、釣れる(好きな)ほうの、旧“T.D.シャッド”。

’90年発売の、ただの「1072」。

 

諸事情により、手元にあるのはシャローランニング。

だけど、これも、やっぱり、いい泳ぎをする。

 

 

今回ブログを書くにあたってよく見たら、エイト環が埋め込まれている辺り、リップの内部がばきばきに割れてる(中で蜘蛛の巣状に亀裂が走ってる)。

 

1073SP LC」は、もっとひどい…。

 

これじゃあ、「何もしてないのに複雑骨折」だ…。

 

 

“ラッキークラフト”など、他の国産ブランドにもその傾向が見られる。

 

 

ただの経年劣化なんだろうけれど、ちょっと落ち込んだ…という話。

 

 

まだまだ使うし、アロンでもたらしておこう…。

 

 

釣れ釣れ度■■■□□

ロスト度■■□□□

レア度■■□□□

「加藤誠司タイマー」度■□□□□