REBEL/Magnum POP-R(旧モデル)

「なくなると欲しがる」

 

これも「バサー7不思議」のひとつだ。

 

 

しかし、

 

「旧いモデルの方がいい」

 

という気もちは、よく理解できる。

 

 

まずは、こちらの写真を見ていただきたい。

 

 

上が、現行モデル

下が、初期のもの。

 

 

 

現行モデルは、目が死んでいる…。

 

 

ここまでやる気を感じられないルアーも珍しい。

 

 

 

やっぱり旧いものは、造りがいい。

 

 

生き生きとした瞳に、

ぽってりとしたボディライン…

 

 

艶かしいのにエッジが効いている。

 

 

旧いものは、往々にして、

時間とお金を掛けて、

熟練者が造っている。

 

 

 

同じ素材でも、質感はかなり違う。

 

 

眺めていて、触っていて、気もちがいいのは、

もちろん旧いモデルの方だ。

 

 

それ故、

ラトルも、

心なしか上品な音色を奏でているように聴こえる。

 

 

 

後輩なんかは、

どんなに希少なルアーであっても、

噛んで、素材の粘りを確かめていた。

 

 

相当ハードコアである。

 

 

どんな味がするのだろう…。

 

 

反面、

 

ペイントが画一的でなかったり(つまり、一つひとつが個性をもっている)、

 

パーティングラインが気もちズレていたりするなど、

 

“隙”の見せ方—魅せ方も絶妙である。

 

 

体臭も、あえて、ケアしない。

 

 

これが、最高のスパイスになる。

 

 

でも、、

扱いやすくて、よく釣れるのは、

新しい方だ。。

 

 

(そもそも、「P65」の場合、“旧い”と言っても“古くはない”。笑)

 

 

 

釣れ釣れ度■■□□□

ロスト度■□□□□

レア度■■■□□

「素材本来の味を楽しんでみませんか?」度■□□□□