アカシブランド/ヒップホップ

サイズ/90mm

ウエイト/約26g

ブランク素材/ヒノキ

価格/4,000円(当時)

 

 

“アカシブランド”のルアーには、何度も、いい思いをさせてもらってきた。

 

 

この“ヒップホップ”は、素直なペンシルであり、なおかつ、おしりに水を巻き込んで複雑なヨレをつくってくれる。

 

音や泡なんかは、うたっているほど派手ではない。

 

しかし、それが、バスには効果的なんだろうな!

 

 

ビルダーの明石光正氏は、「バスを釣るための真髄」を体達された方なのだろう。

 

氏の製作したルアーはどれも、アクションさせればすぐ、(あぁ、これは釣れるな)と思わずにいられない。

そして、実際に「釣れる」。

 

 

 

その一方、こちらのブランド、ルアーの姿形については、、、「センスがある」とはお世辞にも言えない。

 

 

カラーリングをはじめ、かっこ悪い。

 

ほんのちょっとの違いで、ものすごくダサくなっちゃうことってあるじゃないですか。

 

 

わたくし、中学生のとき、遠足があるってんで、BEAMSで全身コーディネートしてもらったんです。

 

それなのに、当日、なぜか紫色のスニーカーをはいて行った…っていう…。

 

 

そんな感じ。

 

 

中には「見た目もいい」のもあるんだけどね(例えば、この“ヒップホップ”なんかは、ブランドロゴさえ入っていなければ、普通にかっこいいと思う)…。

 

 

これも、現行モデルは、7,000円くらいするんじゃなかったかな?

 

でも、ガチャガチャと金具がついちゃって、とにかく野暮ったい…。

 

 

ホント「釣れる」のに、見た目で購入を躊躇してしまう、という珍しいブランド(笑)。

 

 

いや、、、大好きなんですよ、“アカシブランド”!

 

釣れるんですから。

 

 

釣れ釣れ度■■■□□

ロスト度■□□□□

レア度■■□□□

「サンバイザーにウエストポーチ、白のランバード姿で投げたい」度■■■□□