EFFORT Japan/ジグミノー 01

どの世界にも天才はいるものだ。

 

 

そして、天才だからといって、商業的に成功するとは限らない。

 

 

このルアーを見るたび、ぼくはそんなことを考える。

 

 

 

20年ほど前のルアー。

 

エフォート『ジグミノー 01』

ブランク素材/バルサ

ウエイト/14.0g

 

 

 

珍品中の珍品なので、ブログのネタとしては、最も需要が少ないだろう。笑

 

 

 

現在ではバス釣りから遠ざかっている製作者のH氏は、まさに“センスの塊”だった。

 

 

「エフォート」のルアーはメジャーではなかったものの、他のどんなルアーにも釣り負けなかった。

 

 

その要因は、ある特定のアクション・使い方にのみねらいを絞った、氏の考え方にあるだろう。

 

 

このジグミノーもそう。

 

例えば護岸沿いなどを陸っぱりで攻めるために作られた。

 

 

シェイプこそミノーに近いが、“常に水平姿勢を保つメタルジグ”といった性格で、根掛かりにも強い。

 

そのため、着底した状態で、安心して、アクションさせることができる。

 

 

スイミングでは、超スローでも、「プルプル…」と細かくボディを震わせる。

 

 

中層で止めれば、もちろん、水平姿勢のまま。

 

 

 

ワームに反応しないバスをも確実に拾っていくことができる、おそろしく能力の高いルアーである。

 

 

 

釣れ釣れ度■■■□□

ロスト度■■■□□

レア度■■■■■

「天才が作った史上最高のドジョウルアー」度■■■■□