Megabass/ストック その2

※「DEEP-X100」は好き。

でも、こんな、微妙なカラーしか残っていなかった。

釣れなそう。

 

 

 

 

※あんまり釣れない「LEVIATHAN」。

でも、大好きなクラウン系のカラーにやられた。

カラー名が「ハチロー何ちゃら」。

メガバスに所縁のある人物の名前か?

(もし「八郎潟」からとったのだとしたら、がっかりだ…。)

 

 

 

 

それにしても、、

店員は、どのモデルのことを指して“いいやつ”と言っていたのだろう…。

 

 

 

ぼくはその日、第二次バス釣りブームの亡霊を見た気がした。

 

 

 

※これ全部で4,000円しなかった。

う〜ん、、、一体、いくらで買い取ったのだろう。。。

 

 

 

 

店の外に出ると、黒い雲が垂れ込め、寒風はさらに鋭さを増していた。

 

冬の執念と、ブームに踊らされる人々が重なる。

 

袋の中のルアーは、足元を走る塵埃と何ら変わらないのかもしれない。

 

 

虚脱感に包まれたぼくは、コートの襟を立て、少し遠回りをしてから家路についた。

 

 

 

釣れ釣れ度ー

ロスト度ー

レア度■■□□□

「『他人に高く売る用』の墓場」度■■■□□