インスパイアカスタムルアーズ/C.C.プレデター

シャッド系のプラグって、よく(簡単に)釣れるものが多い。

 

プラグ初心者におすすめのルアーのひとつであることは間違いない。

 

そして、シャッド系プラグとは、自分の中で信頼できるルアーとして確立されると、その後も何かとお世話になるものである。

 

 

しかし、この“C.C.プレデター”には、ぼくはあまり世話になっていない。

 

 

発売当初、確かワームみたいな使い方を推奨していたと記憶している。

 

なぜなら、

そのワームみたいな使い方で、ぼくは思うような結果を出すことができず(まぁ、釣れなかったことはないのだけれど)、

同じようにして“キッカーイーター”を使ったら、そっちのほうがよく釣れて、好きになっちゃった…という、

そんなルアーなんです。

 

もちろん、タックルバランスだったり、釣り場との相性だったり、バスの状態だったり、ベイトだったり…と、様々な要因が重なっての結果だけれど。

 

 

あとは、中古なんかだと、“キッカーイーター”のほうが人気がなくて、ちょっと安くて、すぐ見つかるってのもあった(笑)。

今でもそうかな。

 

 

そして、“キッカーイーター”の方が好きな最たる理由は、“キッカーイーター”と“C.C.プレデター”って、バスから見ると、そのボリュームが「あまり変わらない」んじゃないかって思うから。

否、“C.C.プレデター”のほうが、ボリューミーというか、「圧」がありそうなんです。

 

で、良くも悪くもナチュラルじゃないというか。

 

 

使っていると、ぼくには、そんなふうに感じる。

 

なんか、“豆タンク”っぽいんだよな。

 

感覚だから、うまく説明できないのだけれど…。

 

 

まっ、そもそも比べるものじゃないし、、、

C.C.プレデターは、優秀で、ボートと陸っぱりとを問わず、使いやすいルアーだ。

それは、疑いようがない。

 

みなさん「釣れる」と評価してますから。

 

 

釣れ釣れ度■■□□□

ロスト度■■□□□

レア度■□□□□

ルアー界の「カーデン・ロイド Mk.VI」度■■□□□