SMITH/Strike BUZZ

今はもう使わないけれど、、想い出の逸品。

 

 

30年近く前の利根川水系。

 

 

バズベイトで確実にバスを手にしたいのであれば、これ(↓)か、「ハトバズ」だった。

 

 

まぁ、仲間内の話。

 

 

 

で、ぼくは「ハトバズ」派ではなく、「ストライクバズ」派だった。

 

 

単純に、“安かった”ってのもある。500〜600円じゃなかったかな…。

 

 

 

だから「ハトバズ」は持ってない。

 

 

サウンドがシステム化されていたのも、ものすごく嫌だった(笑)。

 

 

ちなみに「ハトバズ」は変な形をしていて、ジョバーって泳ぐけれど、沈むのも速かったと記憶している。

 

 

一方の「ストライクバズ」は、シャバシャバ、ペタペタ、と泳ぐ。

 

 

ヘッドの形状は、最新型のバズとなんら変わらない。

 

 

 

しかし、、当たり前だけど、飛ばない。

(「ハトバズ」派からすると、これが「ハトバズ」を使う主な要因だった。)

 

 

 

そして、近距離ならまだしも、狙ったところに投げるのは至難の技だ。

 

 

 

全然“ストライク”じゃない…。

 

 

ただでさえ飛距離とコントロールに難があるバスベイトの中にあって、こいつは“強烈”だ。

 

 

 

「子ども➕5001C」の組み合わせだと、バックラッシュを直している時間の方がよっぽど長かった(笑)。

 

 

 

そして、プラスチックのペラは、やはり壊れやすかった。

 

 

 

それでも、当時は、恐ろしく釣れた。

 

 

 

いや待てよ、、、何を投げても釣れたのかもしれない…。

 

 

 

コントロールできないと思っていたら、こっちがマインドコントロールされていた。

 

 

 

釣れ釣れ度■■■□□

ロスト度■□□□□

レア度■■■□□

「Toshi」度■■□□□