レイクポリス/RS-150

現在、「LAKE POLICE」は存在していないようである。

 

 

まぁ、名称からしてかなり微妙ではあったが、、いつの間に…。

 

 

そもそも、レイクポリスは「ジャッカル」のブランド、ではなくシリーズ(ライン)のひとつという色合いが強かった。

 

 

したがって、レイクポリスのルアーは、「ジャッカル」としてカテゴライズしておく。

 

 

 

「RS-150」

 

’99年に立ち上げられたジャッカルの、記念すべき1作目。

 

 

 

リップの形状(つけ根に切り込みはあるが)や角度、ボディシェイプに至るまで、「シャッドラップ」を強く意識していることは明らか。

 

 

 

違うのは、ジャラジャラと喧しいことと、やや派手なアクション。

 

 

 

ただ、とにかく、つくりが美しかった。

 

 

今見ても、すごく美しいと思う。

 

 

 

繊細で、実に日本的なルアーだ。

 

 

 

でも、あくまで裸の状態、“つくり”の話。

 

 

少なくとも初期は、

 

塗りがかなり雑(下手)だったし、

 

うんちくを並べた(どうでもいい)説明にも辟易とした。

 

 

 

そして、パケもダサかった。

 

 

 

さすが、釣りが上手い人たちが手掛けただけある…。

 

 

 

しかし、おしゃれのセンスはからっきしでも、釣りのセンスは抜群なのだろう。。

 

 

 

これ、クリックホッパーほどではないけれど、めちゃくちゃ釣れる。

 

 

ぼくとはどこででも相性がよくて、他人に教えたくないくらい釣ってきた。

 

 

ただ、投げて巻くだけ。

 

 

小粒でも広範囲にアピールする、まるで「スピナー」みたいなプラグだ。

 

 

下手にワームを投げるよりずっといい。

 

 

20年近く経っても、その実力は全く色褪せることがない。

 

 

 

どの世界にも“天才”っているものだ。

 

 

すごいや、加藤誠司。

 

 

 

釣れ釣れ度■■■■□

ロスト度■■■□□

レア度■■□□□

「ルアー、開発者、ともに“得がたいキャラクター”」度■■■□□