HEDDON/CRAPSHOOTER

クラップシューター1/4oz>クラップシューター3/8oz>シャローラビット>シャローラビットビッグ

の順にレスポンスがいい。

 

というか、「ぶるぶる」する。

 

 

「クラップシューター1/4oz」が健康そのものなら、

シャローラビットビッグ」はトランス状態。

 

 

“釣れる釣れない”は別として、そんな、ほぼ気絶してるようなやつとは関わりたくない。笑

 

 

まぁ、ある時を境に、“動かないルアーの威力”を体感して、「シャローラビット」しか投げなくなった…

 

けれども、

 

昔は、

 

引いてるときにぶるぶるしてないと不安で、、

 

安くて、

たくさん売っている、

 

「クラップシューター」ばかりを使っていた。

 

 

今でも、“好き度”では、「クラップシューター」の方がずっと上だ。

 

 

“釣れる釣れない”は別なのである。

 

 

赤金のTピン(ヒートンではない)、回転防止のでっぱりに埋まってない・苦笑。これじゃあくるくる回っちゃうよ…。

 

 

 

重心を低くするためにウエイトが飛び出しているのが「クラップシューター」。

 

鈴木知司氏が、それを嫌って、ボディ内に収めたのが「シャローラビット」。

 

 

みなさんはどちらが美しいと思うだろうか。

 

 

 

ぼくは圧倒的に前者なのである。

 

 

(シャローラビットのアクションでウエイトが外に飛び出しているルアーがあればいいのになぁ。。)

 

 

 

釣れ釣れ度■■□□□

ロスト度■■■□□

レア度■■□□□

「M3のパワードーム」度■■■■□