EVER GREEN/SR-124

ボートからの釣りが主だった頃は、今以上にスピナーベイトが好きだった。

 

 

理由は単純で、よく釣れるから。

 

 

 

水深も選ばないし、スナッグレス性も高い。

 

 

大きくても・重くても浮き上がってくるから、ちょっと困るけれど、“楽”。

 

 

 

さて、エバーグリーンの「SR-124」。

 

 

当時、定価が2,400円。

(ほぼ針金と鉛なのに…高い!!

 

 

 

まだ、スピナーベイトが豊富な時代ではなかったように記憶している。

 

 

だから、舶来モノに見慣れていたぼくらにとっては、衝撃的な美しさ(と値段)だった。

 

 

後にも先にも、こんなものは“ない”。

 

 

 

だからネットを見ていると、今でも、「手に入れるとブログなどに上げたくなるルアー」のようだ。

 

 

しかし、これ、それほど釣れるモデルではなかった。

 

にもかかわらず、作るのに手間がかかる。

 

 

 

美しさはバスには関係なく、値段の高さに人も釣れない…。

 

 

案の定、間もなくして市場から姿を消してしまった。

 

 

で、消えると欲しがる人が出てくるわけで…。

 

 

 

釣れ釣れ度■■□□□

ロスト度■■□□□

レア度■■■■□

「いろいろと無駄が多い」度■■■□□